読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

1万円を拾った話

以前、母と高速道路を走っていて、とあるサービスエリアに停まった時の時の話です。

食事をして、車に戻ろうと階段を下りていたら、たくさんの人が階段の一角を見ていることに気付きました。

もちろんみんなが見ているものなら私も見たい。

なんだろうと覗き込んだところ、なんとそこには1万円札が落ちていました...

額が大きすぎて、誰も拾うに拾えず、みんなが見ていたようです。

だって、下手に拾って「あの人、1万円持って帰らなかった?」などと言われたくないですもんね。

10円や50円ならともかく、1万円では警察に届けなければいけないでしょう...

そこで私は敢えて堂々と1万円を拾い上げ、その手を高く掲げて(ネコババしてません!と周りに証明するためです!)

母と一緒に高速道路のインフォメーションセンターに持って行きました。

そしてそこから警察に届けていただきました。

とは言え、警察官の知り合いの話によると、お金って仮に落とし主が届け出たとしても、実際は証拠がないため、なかなか返してはもらえないそうです。

不当に入っていたり、お金に名前でも書いてあれば話は別ですが、そんなことする人はまずいないでしょうし。

そして私たちが届け出た1万円はもちろん落とし主が見付からず、3か月後、合法的にありがたくいただきました。